FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
夏季休暇
フェイスブックとやらに登録したらしばらくこちらをサボってしまいました(汗)
しかしながらあちらは実名投稿だからかあまり突っ込んだ話題がなくてどうも合いません。

----------------------------------------------------------

お盆休みはお墓参りと家族サービスという優等生的な行動に徹しました。

茨城県の竜神大橋。
全長374メートル、人道橋では日本一だそうです。
1208171.jpg

続いて袋田の滝
凄い水量です。
1208172.jpg

続きまして我が家では毎度おなじみのもてぎサーキットへ宿泊。
今回はサーキットを自分の車で走ってみました。
もちろん運転手は女房です。
おいおい!!納車したての新車なのに飛ばしすぎだぞ!!
1208173.jpg

1208174.jpg

や~め~ろ~!! タイヤが鳴ってるぞ~!!
1208175.jpg

スポンサーサイト



旅行 | 10:40:59 | Trackback(0) | Comments(0)
東京ゲートブリッジ
先日東京ゲートブリッジへ行ってきました。
若洲公園に隣接しているんですね。

1204172.jpg

ところでこの橋の形ですが、普通、橋というのは弓状に上部に半円を描くような形をしていますよね。
ところがこれはどうして端部から上がっていって途中で切れてしまうのか?

これ、羽田空港へ降りる飛行機のせいだそうですね。
飛行経路上だからこれ以上高くするな、と。

ちょっと専門的な言葉になりますが、これ「片持ち梁」を両側から出してるんですね。
凄い発想で作ったものです。

旅行 | 20:28:08 | Trackback(0) | Comments(0)
群馬旅行その2
さて、続いて向かったのが富岡製糸工場です。
社会科の教科書にこの工場の絵が出ていたのは多くの方がご存じかと思います。

1112071.jpg

私は名前しか知らなくて、この工場がどういった経緯でどの様な目的で出来たのか?
今回現地ボランティアガイドさんの説明で、よ~く解りました。

1112072.jpg

この工場跡、明治5年に出来た建物はほとんどそっくりそのまま残っており、またつい最近まで稼働していたと言うから2度びっくりです。
これらの工場・倉庫の主構造は、木造合掌造りに壁の部分はレンガを積むというやりかたです。
で、屋根はというと本瓦ですからまさに和洋折衷のハシリのような建物です。
現地富岡市ではこの工場を「世界遺産」へ申請する運動をされています。

また、絹は蚕から出来ると言うのは知識としては知っていましたが、実際どうやって作るのか、
これは昔の農家のやり方ですが、実演もされていました。これもまた貴重なものを拝見させて頂きました。
1112073.jpg

かつて日本の海外向け主力産業は、鉄鋼になる前は繊維業でした。
明治維新、そして日本の産業革命の礎となったのがこの「富岡製糸工場」であったと言っても過言では無いと思います。

いや~、ホント今回の旅行は実に勉強になり有意義でなものとなりました。

旅行 | 19:49:10 | Trackback(0) | Comments(2)
群馬旅行その1
久しぶりの家族・仕事と関係ない旅行に行ってきました。
場所は群馬の磯部温泉。

私には初めての所でしたので新鮮で、日ごろの疲れが取れるのんびりした旅行で良かったです。
で、帰りにいくつか観光地に寄ったのでご紹介します。

まずは「碓氷峠鉄道文化むら」
1111291.jpg

廃線になった横川駅‐軽井沢駅間にある保線区の跡地に出来ています。
この区間は碓氷峠がある急こう配のある難所でして、数多くのトンネル、そして後ほど紹介するメガネ橋など
多くの先人たちによる苦労の上に出来たものです。この急こう配の山を登る為に採用された走行方式が、
小学生の時に習いましたよね、「アプト式」ってやつです。
これ↓
1111292.jpg

さらによく聞く「峠の釜めし」というのはこの横川駅で生まれました。
横川駅です
1111293.jpg

この鉄道文化むらから4キロほどいったところにあるのが、レンガで作られたメガネ橋。
明治25年に竣工、そのスケールの大きさには圧倒されます。
1111294.jpg

ここは上に上がれまして、先程の横川駅からの遊歩道になっています。
しかし、こう配がきついので体力に自信の無い方にはお勧めできません。やめた方がいいです。
1111295.jpg

この橋のなりたちについて看板がありました。
トンネル作業も含めて500人の方が亡くなられています。
今では考えられませんが、昔の工事現場と言うのは命掛けの仕事だったんですね。
1111296.jpg

旅行 | 18:14:46 | Trackback(0) | Comments(2)
ツインリンクもてぎ
田舎からの帰り、宇都宮で降りてそのままツインリンクもてぎサーキットへ。
この日は昨年も行った花火大会なのだ!

2回目だったから感動は少々薄れたけどそれでもこんな迫力ある花火大会は他に見た事ありません。
1108181.jpg
1108183_20110818181233.jpg
1108182.jpg

翌日サーキットで遊ぶの巻。
1108184.jpg

1108185.jpg

旅行 | 18:14:07 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ