FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
お花見
桜、きれいですね~、今頃は満開でしょうか。
しかし、天候が雨模様になってきたので少し落ちてしまうのでしょうね。お花見というのは日本だけの習慣のようで、海外には無いそうです、おもしろいですね。

私は桜は散っているときの方が好きです。なんかこう哀愁を感じるというか、一番美しい時になくなってしまう「潔さ」みたいなものを感じます。多くの日本人が桜に惹かれるのはその生き様のようなものなのでは、と思います。我もかくありたし、です。


スポンサーサイト



社会 | 10:11:45 | Trackback(0) | Comments(2)
長野その5(善光寺へ)
さて、初日でほとんど目的地を訪ねてしまった私達は、あとはホテルに滞在するしかありません。温泉に何度も入り、ホテル内の居酒屋で一杯飲んでしまったら途端に眠くなり、朝も早かったからかその日は9時ごろに寝てしまいました。おやすみなさいzzz・・・

朝起きてカーテンを開けて外を見ると・・・

続きを読む >>
旅行 | 20:04:17 | Trackback(0) | Comments(0)
海上自衛隊横須賀基地
昨日某団体の視察で横須賀の海上自衛隊へ行ってきました。
首都高は混んでいたなぁ・・・。横浜を経由して
DVC10013.jpg

大黒埠頭PAで休憩。サービスエリアの売店も中華街っぽいですね。
DVC10016.jpg


3時間近く掛りようやく到着。早速基地内の食堂で「海軍カレー」と呼ばれるカレーライスで遅い昼食。それほど取り立てて変わった味ではありませんでした。まぁまぁおいしかったです。
DVC10015.jpg


表に出てみると・・・
おお~っ!こ、これは!
イージス艦「きりしま」じゃないですか!
DVC10007.jpg

自衛隊広報の方がいろいろと説明してくれました。何故かこの方はブログ仲間のcanshakeさんに顔がそっくりでした。
このイージス艦は1200億円。さらにバージョンアップされたイージス艦を来年度にアメリカから購入予定とのこと。これで日本にはイージス艦は全部で7隻の保有になります。因みに映画「亡国のイージス」で使われた船はこれだそうです。

その他にも空母キティホークもありました。これは撮影禁止。
他にも護衛艦や、
DVC10010.jpg

潜水艦などが係留されていました。
DVC10009.jpg


湾内をこのボートで廻りながらたくさんの艦を見てきました。
DVC10008.jpg


ボートを降りたら何かお話が聞けるのかな、と思っていたのですが、これでおしまい、とのこと。え~!?もう帰るの?
ちょっと物足りない視察でした。

基地内の売店で海自の防寒ジャンパーを買おうとしたら、「これは隊員さんにしか売れません」と言われガックシ(´Д`;)
やはり入隊するか、政治家になるしかないか!
どっちも無理なのでやはり何とか子供達にがんばって自衛官になってもらうしか無さそうです。

社会 | 11:48:24 | Trackback(0) | Comments(2)
長野その4(大本営跡地へ)
さて、気を取り直して次に向かったのが第2の目的地、地元では象山(ぞうざん)地下壕と呼ばれる、大本営跡地です。詳細は前回のブログでご説明いたしましたので省きます。
DSC05992.jpg

ここが入口。周りは山に囲まれ、民家も訪れる人も少なく静かで、少し怖かったです。DSC05991.jpg

工事は8月15日まで行われ、敗戦直後にほとんどの書類は軍により焼却されたそうですが防衛省にその設計図面が保存されていました。総延長距離は10キロの計画で、現況は5.8キロのトンネルが平安京のように碁盤の目みたいに掘られています。

受付のおばさんに住所と名前を言えば無料で入れました。長野市で管理されています。有料にすると、何か事故があったときに補償できないという理由からでした。
「あくまでも自己責任ですから、ヘルメットはそこにあるから自由にお使いください」とのことを言われ、私が準備していると、早くも友人はノーヘルでスタスタと先に入って行ってしまいました。
結局一人で入る事になり恐る恐る暗いトンネル(中は裸電球がポツポツ)を歩きました。いや、怖かったなぁ・・・。
ここも沖縄と同じく写真など撮る雰囲気ではないので撮影はやめました。

洞窟の壁には当時の作業で使われた削岩機のロッドが突き刺さったままになったり、トロッコの枕木跡があったり、発破を充填する穴があったりと、生々しさが残っていました。

犠牲者の多くは地元住民と強制的に動員された朝鮮人の人々といわれていますが、その数字は定かではありません。入口脇にハングル文字で書かれた慰霊塔が建っていましたので、お祈りしてきました。
DSC05990.jpg

しかし戦中とは言え、ここを大本営にして本土決戦をしようなんてとんでもないことが行われたのだなぁ、と思いました。それの是非をとやかく言ったり、歴史を評価など私にはおこがましくて出来ませんが、こういうこともあったのだと、多くの人に知っていただきたいものです。
犠牲となった人々のご冥福を祈ります。

余談ですが、受付のおばちゃんが言っていた言葉が印象に残っています。「小泉さんは松代に来た時にすぐ近くまで来ているのにここには来なかったねぇ、残念だね」

旅行 | 08:34:37 | Trackback(0) | Comments(2)
長野その3
さて、次に向かったのは今回の最大の目的地、栗林忠道中将(散華され大将)のお墓です。ここは町でもかなり由緒がある明徳寺というところにあります。しかし、ここの住職さんには驚きました。私はそれほどいろいろなお寺に行っている方ではありませんが、このようなお坊さんには初めて会いしました。そのときのやりとりを再現しましょう。
DSC05984.jpg


私達は当日お線香は寺に売っているだろうと思い、持って行きませんで
した。到着後、早速購入しようと思い、社務所の玄関には呼鈴が置いてあり、「押してください」と書いてあったので押してみました。

すると中からめんどくさそうな声で・・・
「はい」と言って出てきたのがこちらの住職さんでした。
目付きはするどく、体格は屈強そうで大柄の方でした。

私 「すみません、お線香が欲しいのですが」

住職「あ? 線香を何すんだい?」(明らかにケンカ腰な口調)

友人「お墓に供えたいんですよ」

私 「無いんですか?」

住職「そりゃ、商売だからあるけどさぁ」(明らかにバカにした口調)

するとその住職さんは部屋の奥に行き、しばらくすると「はいよ」と言ってまともなものは一本も無い途中で折れたお線香を10本程くれました。中には先端が焦げていて明らかに使いかけの物もありました。

私 「おいくらですか」

住職「いらねぇ、いらねぇ」
と言いながら、扉を一方的に閉められました。

私と友人は顔を見合わせ、不愉快というよりこんな人がここの住職かと思い悲しくなりました。その住職さんにはその時どんな事情があったのか知りませんが、住職といえば御仏に仕えていて、既に人間が出来上がっている人たちと私は思っていました。
松代という町はいい町でした。いろいろなところでボランティアの方達が名所・旧跡で動いており、私達旅行者にもとても親切にしてくれました。地元の方とふれあって、ひとの良い人達が多いなぁ、と思ったものです。そのような中で今回の旅行の中で最悪な出来事でした。

複雑な気持ちのまま栗林大将の墓前に行きました。お墓はすぐに見つかり、塔婆には地元川口の代議士の物もありました。
DSC05985.jpg

このような方が住職を勤めているお寺に祀られている栗林大将も気の毒だなぁと思い、また、映画撮影の事前に訪れたという俳優の渡辺謙氏にもあの住職さんはあのような対応をしたのだろうか、と思いつつお寺を後にしました。

旅行 | 17:26:03 | Trackback(0) | Comments(2)
長野その2
さて、次に向かったのは八幡原史跡公園です。
川中島合戦のなかで最も激戦だった第4回合戦(1561年)で信玄が本陣を敷いた場所。信玄・謙信の一騎打ちの像、両軍の戦死者を弔う首塚などがあります。
↓一騎打ちの像
DSC05976.jpg

↓合戦の見取り図
DSC05975.jpg


ここで昼飯です。公園のすぐ隣に「峠の釜飯長野店」があったのでそこに入りました。それにしてもでかいお店でした。あの有名な釜飯でこんな大きなお店が出来たんですね。あんまりお米は食べたくなかったのですが、せっかく来たのでつい買ってしまいました。
こんな小さくて900円だって。ちょっと高くないですか?
DSC05980.jpg



旅行 | 11:56:21 | Trackback(0) | Comments(2)
長野その1
さて、行ってきました長野県。目的地は松代町です。
とりあえず5時半起床、7時大宮発のあさまに乗り込みます。
DSC06003.jpg

あっという間に長野へ到着。この時点でもまだ八時半。ちょっと早すぎたかな。今回は「トレン太くん」で行ったので電車賃は2割引。けっこうお得です。車はトヨタビィッツ、これが結構瞬発力があって軽快でした。
DSC06002.jpg


長野は、現在NHK大河ドラマで放送中「風林火山」の舞台でありまして、街のいたるところで「風林火山」ののぼりが立っていまして、町おこしの一助となっています。私は戦国時代の歴史に疎く、ほとんど知らなかったのですが、幸いにして同行者の呉服屋さんが詳しいので今回は大変勉強になりました。

そしてまず初めに向かったのが山本勘助のお墓です。山本勘助は武田信玄の名軍師ですね。近くの無人駅の駐車場に停めて歩いて行きました。
↓無人駅
DSC05969.jpg

↓案内看板で場所確認
DSC05968.jpg


そしてお墓に到着。場所は川中島の合戦が行われた河川敷の一角にありました。無知で恥ずかしい話ですが、川中島の合戦というのは5回もあったのですね。ここで武田信玄と上杉謙信は戦ったのです。
↓山本勘助のお墓(ちょうどボランティアの方々が整備作業をしていて、私達に詳しくお話をしてくださいました)
DSC05973.jpg

↓川中島古戦場跡
DSC05974.jpg


このあたりの歴史を知り、ドラマを見ている人にはたまらないのだろうなぁ・・・と思いつつ次回へ続く。

旅行 | 18:24:46 | Trackback(1) | Comments(0)
明日は長野へ
2007年の戦跡慰霊ツアー第2弾、明日から1泊2日で長野県の松代へ行ってきます。同行するのは言わずと知れた近所の呉服屋の若旦那です。

さて、私の訪問目的は2ヶ所。
一つは「硫黄島の戦い」で指揮をとった栗林忠道大将のお墓参りです。川口市民の人はご存知の方も多いと思いますが、現地元選出代議士の母方の祖父にあたる方でもあります。松代は栗林大将の出身地で、遺骨はもちろん入っておりませんがお墓があるのです。最近は映画でも有名になったので、もしかしたら多くの人が来てるかもしれません。

もう一ヶ所は「松代大本営跡地」
ここはあまり知られて無いとおもいますが、先の大戦末期、本土決戦最後の拠点として大本営、政府各省等を松代に移すという軍部の極秘計画のもとに構築した地下壕です。何と皇室まで移転を計画されていました。

着工は昭和19年11月から翌年8月15日の終戦まで約9ヶ月の間に当時のお金で約2億円の巨費と延べ300万人の住民および朝鮮の人々が労働者として強制的に動員され、過酷な条件下で多くの犠牲者を出したと言われます。終戦時は7割ほどが出来上がっていました。平成元年、ここの一部が一般公開されています。

たくさんの人がここで亡くなっています。ご冥福をお祈りしてまいりますが、また平和の尊さが身にしみる旅になることでしょう。

旅行 | 13:07:01 | Trackback(0) | Comments(2)
ヘルメットを買いました
DVC10001.jpg

つい先日テレビを見ていたら、国土交通省の職員がかぶっていた現場用ヘルメットを見て「これはかっこいい!!」と思い、うちの会社のヘルメットもこれにしようと買い換えました。

現場用ヘルメットというのは安全の為には確かに大切なのですが、どうも職人受けが悪いのはどこの工務店も同じだと思います。ですので、どうせかぶるならカッコいいものを、ということにしました。ラインのデザインがちょっと某有名スポーツメーカーに似てるでしょ。

しかしながら、この品物を見つけるまでが苦労しました。インターネットで検索したり、実際に国交省に電話したりと。ようやく見つけたのはこのメーカーさんの物でした。
ホームページはこちら→谷沢製作所

こちらのヘルメットは普通のヘルメットの2倍位の値段がしますが、高機能で風通しがいいのです。これなら夏場の蒸れる時期も安心。髪の毛にも優しそうです。グッドデザイン賞ももらっているのですね。

社名や会社のロゴマークを印刷してもらう為メーカーさんと何度もやりとりさせていただきまして、たったの10個の注文なのにメーカーさんもすごく親切に応対してくれました。サンプルまで2種類も実際に作ってくれたり、こちらが恐縮してしまうぐらいでした。この場をお借りしてご担当者様には御礼申し上げます。m(_ _)m

こんなかっこいいヘルメットをかぶっているのは市内でも少ないでしょう。まるでウルトラ警備隊のようです(^^;

仕事 | 12:11:14 | Trackback(3) | Comments(477)
パットはいいのだが・・・
hole7.jpg

先日の日曜日に地元の某団体ゴルフコンペに行ってきました。
ラウンド自体は今年2回目ですが、朝から雨( ̄▽ ̄|||
「まいったなぁ」と思っていたのですが、スタートして1時間ぐらいで雨は止み、午後は日差しも強いいい天気になりました。しかも終了後は顔が痛かったので少し陽に焼けたみたいです。

スコアはいつもと同じ(この言い回しばっかり!)53の58で111。
新ぺリアのハンデがうまく絡み15人中6位になりました(自身生涯最高順位!)

私、自慢じゃないですが、いや本当は自慢なんですが、パッティングはいいんです。この日もスリーパットは1回だけ。2~3m位のパットが面白いようにポコポコ入りました。あとの課題はティーショットのフェアウェイキープ率(現在10%)とバンカーも含めたセカンドショットですね(じゃあほとんどダメじゃん!)

ちょっと寒かったですが、ニアピンもいただき、いい一日でした。(写真はニアピンとった7ホール目)
早く「100叩きの刑」から脱出したいです。

ゴルフ | 18:08:29 | Trackback(0) | Comments(4)
まったくなぁ・・・
安倍晋三首相は5日午前の参院予算委員会で、米下院に提出された慰安婦問題をめぐる対日非難決議案について、「決議案は客観的事実に基づいていない。決議があっても謝罪することはない」と述べ、決議案に強い不快感を示した。(産経新聞)

何故今頃アメリカはこんなことをするのだろう。背後には特定アジアのロビースト達が活発に動いたらしいが・・・。

大体、つい先日も3月10日を迎えたわけですが、昨年同様一切日本のメディアは東京大空襲の「と」の字も言わなかった。サンフランシスコ講和条約で不問に帰すと約束し、おまけに下町の民間人10万人を超える民族虐殺計画を企てたカーチス・ルメイ中将には戦後 、航空自衛隊の育成に寄与したとかいう事で勲章まであげてしまったのだ。つくづく日本人というのは人が良いというか、ナイーブな民族なんだなぁ、と思う。

しかしながら、ハリウッドでは「南京大虐殺」の映画が上映されるとか、日本を取り巻く状況はかなり厳しいことになってきた。中川幹事長は「あまり過敏に反応せずに冷静に対処する」などと言っているがここでハッキリ物を言った方がいいのではないだろうか。

米朝作業部会も何やら日本にとって怪しい雰囲気になってきたし、これはまずいですよ。昔、「アメリカが日本を捨てる日」なんて本を読んだことがあったけど、なんか現実になるかもしれませんな。
頼むよ、国会議員の先生達! 浄水器なんてくだらない事なんかに時間をあんなに割くなよ! もう、議論している時間を換算したら500万超えているんじゃないの? 西の宗男と呼ばれた大臣もあんな答弁して、仮に子供達があれを見ていたら何て説明すればいいんだ?

もう不安なので地元の国会議員にメール送ったんだけど、これで3回目だけど一度も返事来た事無いものなぁ。本人は無理なのはわかっているけど秘書の人たちが1回ぐらい返信してくれても良さそうだけどなぁ。
「ご意見、ご感想はこちらへ」って当然こっちは返事期待しちゃうよ!

歴史 | 18:08:37 | Trackback(0) | Comments(4)
映画撮影
DVC10078.jpg

うちの近所で映画撮影が行われています。
山田洋二監督、吉永小百合主演の「母べぇ」(かあべぇと読むらしい)
という映画です。舞台は昭和初期の中野らしいのですが、写真はロケセットです。時々前を通ってみるのですが、まだ知っている俳優さんを見たことはありません。

吉永小百合さんと川口といえば多くの人は映画「キューポラのある街」を思い起こすと思いますが、皆さんはご覧になったことがありますか?私は10年ぐらい前にビデオで観ましたが、あれが何故テレビ放映されないのか? 理由は観ればわかります。ブログ上でその内容を書くと炎上しかねないのでやめておきます。機会がありましたら是非一度ご覧になってください。観れば判るさ、ありがとう~!(猪木)

映画 | 12:12:08 | Trackback(0) | Comments(6)
きまぐれコンセプト
book1.jpg

懐かしい本を買いました。本と言ってもマンガです。
今でも連載されているらしいのですが、ビッグコミックスピリッツに連載されている4コママンガ「気まぐれコンセプト」
これの84年からの過去に書かれたものの集大成版でして、バブル当時の頃などの世相や流行り物が面白おかしく書いてあります。私も学生時代にはよく読んでいました。
book2.jpg

いや~、懐かしいなぁ、「あったあった、こういうの!」という感じです。舞台が広告代理店に勤めるサラリーマンを中心に描かれているのですが、この主人公、私にはどうもブログ仲間のFPたけしさんとダブって見えてしまいます。たけしさん、気分を害してしまったらごめんなさいm(_ _)m






読書 | 10:30:51 | Trackback(0) | Comments(6)
またまたホンダ車買っちゃましたぁぁぁぁぁ
女房がどうしてもワンボックスワゴン車が欲しいというので、今乗っているストリームはまだ動くのですが車を買い替えることになりました。
と言ってもこれ、昨年12月のことなんですが・・・
というわけで、またまたホンダでステップワゴンを買いました。
5ナンバーとはいえかなり中は広く、助手席専門の私は快適に過ごせそうです。
DVC10079.jpg

今回の車を購入するに当たっては、私は当初から「反対」でして、女房とかなり激しいバトルを展開しました。結局買うことにはなったのですが、購入資金がなく80%は女房の貯金(おいおい、金持ちだな!)不足分を私が払う事になりました。しかし、そんなまとまったお金は私には無いので、私の唯一の高級おもちゃ、「CB1300」を売ることになりました。

う~ん、買ってから1年半、10回ぐらいしか乗っておらず、結局川口市を一度も脱出した事が無く終わってしまいました。39歳になってから大型の自動2輪免許を取ったのですが、バイクを買った瞬間に半分満足してしまったのに加え、同時に免許取得した友人は2人共事故ってしまい、(大事には至らなかったので良かったですが)次は私の番か、と思い急に怖くなったのもバイクから遠ざかった原因でもあります。

下の写真は在りし日のひとコマ。
PA230176.jpg


実は女房はバイク暦も長く、もちろん大型自動2輪免許も持っていて(私より数段上手い)レーシングタイプのこんなのを乗っていました。カワサキのニンジャZX9-Rってやつです。
P4030367.jpg


このように「いつかは家族でツーリング!」などと淡い夢もあったのですが、まぁ、事故が無いうちに熱が冷めたのも良かったのかな、と思ったりします。

さらばCB1300! またいつか乗りたいね!
♪バイバイバイバイ、バ~イクお~う~♪(^ O ^)
(因みにバイク王に売ったわけではありません)

家庭のこと | 15:08:58 | Trackback(0) | Comments(10)
復活しました
腹痛も治りまた今日から気合を入れていきましょう!

昨日は娘のピアノの発表会でした。うちは一年生なので大した事ないですが、高学年になるとすごいですね。あれだけ上手に弾けるようになれば親は将来期待するでしょうね。
DVC10076.jpg

実は私も小学校の時に2年間だけピアノを習っていました。それは5年生の時に音楽の時間に「月光のソナタ」を聞いて感動しまして、親に頼み込んで習わせてもらったのですが、結局バイエルが終わった時点で中学の部活が忙しくなり辞めてしまいました。もちろんソナタなど出来る様になるわけもなくピアノとはそれっきり・・・。
しかし、ピアノが弾ける男ってかっこいいと思いません?今でも憧れてしまいます。

発表会の帰りに子供の靴を買いにアリオへ行きました。隣には入学式のコーナーがあるのですが、そこに飾ってあるマネキンを見てびっくり!
DVC10075.jpg

なにこれ!? 最近のマネキンってこんな風になっているの?
まるで少女マンガに出てくる人みたいです。ここまで目を大きくしなくてもいいでしょうに。髪の毛なんか茶髪だし( ̄▽ ̄|||
勘違いして親は本当に真似してしまうではないですか!!
これも「欧米か!」と突っ込みたくなります。戦争に負けるっていろんな影響があるんですね。

家庭のこと | 12:19:55 | Trackback(0) | Comments(2)
やはり・・・
どうやら子供のウィルスをもらってしまったみたいで3日前辺りから体調がすぐれません。熱はないのですが下痢がひどく、食欲も無し。
気が抜けている証拠ですな、いかんいかん。医者に行って点滴だけはしたのですがまだダメみたいです。月曜日からしっかり動けるように明日の日曜日は家でおとなしくしています。

家庭のこと | 18:17:43 | Trackback(0) | Comments(6)
ロデオボーイⅡ
DVC10074.jpg

巷で話題の乗馬マシンを買いました。
ナショナル製だと10万位なのですが、とてもそんな高価な物は買えないので今回は通販の安いやつです。

「1日15分だけ」というフレーズでいろんなところで売っております。といっても大体こういうのを使うのは買った当初だけというのはお決まりでして、早くも子供のおもちゃになりそうです。
(遊園地にある100円入れると動くようなもの)

乗っているとけっこう15分というのは長く感じます。
「ほら段々腰の辺りが暖かくなった感じがするでしょう?」などと言われても、単にお尻とサドルの部分が摩擦熱で暖かくなった気がするのは私だけでしょうか?

家庭のこと | 13:44:15 | Trackback(0) | Comments(8)