FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
全米女子オープン
ここ数年の女子プロゴルフは本当におもしろい。
実力もさることながら、ビジュアル的にも昔では考えられないような可愛い人や美人さんが多い事も、その理由なんだろう。

男子プロも最近では石川遼君という高校生でプロに勝ってしまう新星も出てきたが、タレントの数では圧倒的に女子にはかなわない。そもそも日本のゴルフ人口の大半は男なのだからどうしたって女子に目がいくのは仕方が無い事なのか? そんな下心で観ているのは私だけか(^^;

全米女子が朝早くから中継されている。初日の途中で順延となってしまったが、日本人選手では大山志保がイーブンで健闘している。その後は横峯さくら(+1)、宮里藍(+2)も続き、トップは-3だからまだまだわからない。
過去、この大会、日本人では岡本綾子が2位というのが最高位でここ数年はあまり日本人選手の名前は出てこない。ひょっとすると、今回は・・・という感じもする。

テレビ解説は岡本綾子がやつているが、私はこの人が日本人ゴルファーでは一番好きだ。その心意気と言うか、日本で名前が売れ始めた時に単身渡米したのはこの人が始めてなんじゃないかな?(間違っていたらすみません)
そして、あのゆったりとしたスイングフォームは誰よりも一番美しいと私は思っている。

今、テレビを見ていたら国内の女子ゴルフツアーが中継されていた。そしてアマチュアだが若干17歳という金田なんとか、という選手が上位にいる。優勝すれば史上最年少優勝だ。おまけに彼女も美人だ。
まだまだ女子プロは盛り上がるのではないだろうか。

スポンサーサイト



ゴルフ | 17:09:17 | Trackback(1) | Comments(0)
チケット当選! やったぜカトちゃん!! v(^ O ^)v
本日、矢沢永吉さんの2007ツアー、チケット抽選発表がweb上でありました。恐る恐るボタンをクリックすると・・・

やった~!!!(^ O ^)
第1希望の11月3日川口リリアが当たりました!!


矢沢師匠のイーグルさんによると「都心近郊の小会場での当選確率は厳しい」と言われていたので本当に嬉しいです。

さあ「いくぜ、いくぜ、いくぜ~」
11月3日は何も予定を入れないで朝から待機していますので、諸々のお誘いはご遠慮願いますm(_ _)m

ビーチタオルにアイロン掛けなくっちゃ(^ ^ヾ

未分類 | 14:57:25 | Trackback(0) | Comments(2)
ミートポーク?
ミートホープの社長って・・・
あそこまで悪びれることなく言えるってある意味すごいな。
これでまた「真面目な肉屋」さん達が役所が急遽作った規制で迷惑するんだろうな。建築士業界もそうだけど、なんか最近このパターン多くないですかね?

しかし、もちろんこの社長が120%悪いんだけど、社長曰く
「業界全体の体質も(警察に)説明しなきゃいかんと思うし、販売店も悪いし、半額セールで喜んで買う消費者にも問題がある」
この発言には耳を傾ける必要があるのではないかと思う。
数年前に関西の方で起きた牛肉偽装(ハンナン?)もあったし、根は深そうだ。マスコミっていうのは叩き易い所しか叩かないからね。

それにしても突然解雇された従業員はつらいな・・・。

社会 | 08:26:47 | Trackback(0) | Comments(6)
八つ橋
お土産でいただいた八ツ橋。
最近はラムネ味や桃味まであるのですね。いろいろと考えるなぁ・・・。私はシンプルなニッキ味(?)が好きですけどね。皮だけで十分です。
0706252.jpg

チョコレート入りだって・・・
ホントに美味しいのか、それ?
0706251.jpg



飲食 | 10:53:22 | Trackback(0) | Comments(2)
南国白くま
昨日は暑かったのでアイスを買って帰りました。
毎年夏になると私はこのアイスを食べます。
ご存知の方も多いのではないかと思いますが、「南国しろくま」です。
070621.jpg

実は昨年鹿児島旅行に行った時、青年会議所つながりで現地の方が地元案内をしてくれたのですが、その人こそ「南国白くま」の会社、セイカ食品の専務さんでした。年は私と一緒と思えないほど若々しく好青年で、地元でも有名な青年実業家の方でした。因みに、キヨスクで売っている「ボンタン飴」もこの会社の製品です。
今夏初の「南国しろくま」でしたが、やっぱりおいし~い!!(^ O ^)

飲食 | 10:53:34 | Trackback(0) | Comments(0)
何でも民間は正しいのか?
年金や社会保険庁の組織のことで国会はもめている。私も自分の会社に戻る前に勤めていたから少しは気になるのだが、電話はほとんど通じない。歴代長官の退職金を返せ、とか言っているがそんなものは「雀の涙」だろう。

そしていつも思うのだが、社会保険庁も潰して年金は民間でおこなうという案がでているが、果たしてこの何でもかんでも民間に委譲すれば解決するような風潮はいかがなものか?と、いつも思う。
耐震偽装問題や介護保険を悪用した昨今の事件をみるまでもなく、民間人だって悪いやつはたくさん居る。逆に公務員だって真面目に国家や地方行政の為に働いている人はたくさんいると思う。

付け加えるならば、「年金何とか機構」とかいう民間会社(案)は公益法人じゃないか。それは法人として分けるとすれば民間なのだろうが、元は役所とそれほど変わらないだろう。

私は、罰則を強化して「全ての人が悪い事をしないように思わせる」のがいいのではないかと常々思っている。姉歯だってあれだけ多くの人に迷惑を掛けて償いは「罰金50万」だけだ。こんなおかしなことがあるのだろうか。

端的に言うならば公務員だってクビに出来る制度を作る、とか、コムスンだって破産と同等に二度と事業が出来ないようにすればいいのではないだろうか。

かつて日本人は「いい人」の集まりだった。だから全ての法律は性善説に基づいて作られている。憲法を見てみなさい、「平和を愛する諸国のなんたらかんたら・・・」なんて条文はその最たるものだろう。
日本人は変わってしまったのだ、しかも悪い方向に。

先日新聞に出ていたのだが、宇宙科学者のホーキンス博士にある人が質問した。「なぜこれだけ広い宇宙に地球と同じ文明を持った星がないのですか?」これに対して博士は答える。
「それは高度に発達した文明を持つ星の寿命は短いからです」
環境問題の事を言っているのだろうが、ゾッとしました。

社会 | 18:30:11 | Trackback(0) | Comments(4)
今月2回目のゴルフ
家族には申し訳なかったのですが、今月2回目のゴルフ昨日行ってきました。場所は栃木の都賀カントリークラブ。地元商工会議所青年部の20人のコンペです。前回96だったので、「今回も100切れば本物だな」と思っていたのですが・・・

やはり前回はまぐれだったようで55の56で111でした( ̄▽ ̄|||
また元に戻っちゃった。ゴルフは難しいですね。

しかし、今回の収穫はひとつだけありました。アプローチウエッジを買ったのですが、これが非常に使い易い。短い距離をフワッと上げてグリーンにポトンと落とすには最適。これはいいですね。

あとは普通のクラブのミスショットを減らす努力ですが、ハーフ38をたたき出した一緒に回った人に言わせると「アマチュアのミスショットの原因の80%はスイングが早すぎるからだ」と言われました。それが難しいんですよね、どうしても力んでしまう。また来月がんばろう!

あ、そうそう。新ぺリアのハンデ無制限のコンペだったのですが、結果はというと・・・
何と「ブービーメーカー」でした(´Д`;)
ゴルフを知らない人には何か凄いものを作ったように聞こえますが、要はビリです。でもなんでビリなのに賞金が中間位の人よりいいんだろう???

ゴルフ | 09:49:07 | Trackback(0) | Comments(5)
改正建築基準法の講習
昨日は浦和で改正建築基準法の法令説明会に行ってきました。
電話帳と同じぐらいの分厚いテキストを渡され、朝から夕方までの1日講習で疲れた~( ̄▽ ̄|||
これを全て読みきれる人がどれだけいるのだろう?

この法改正は以前にもFP剛さんがブログで書いていた通りの大改正でして、一昨年の耐震偽装事件から端を発しておこりました。
今まで建築基準法は「ザル法」とも言われていましたが、あくまでも建築士の倫理観によって成り立っていたところは確かに大でした。

しかし、今回の改正で大幅に規制されすべてにおいて厳格化されました。「すべての一級建築士の再試験」は無くなった代わりにこの資格は更新制、つまり自動車免許のように3年に一度の書き換えが義務付けられました。その更新時に講習を受けるのですが、これが1日講習なのか7日間になるような可能性があるとも言っていました。
(講習は仕方ないとしても1日と7日じゃ通常の仕事に与える影響は違うぞ!)

中規模以上の建築物は2重、3重のチェックが入り、建築確認申請(建物を建てる時に必要な手続き)の期間も長くなりました。おまけに中立的な第3者機関も設立できます。悪意は無いのでしょうが、また天下りの会社が出来る気がするのは私だけでしょうか?

あ、そうそう、今度は今までに無い資格、構造の専門家として「構造一級建築士」というのが出来るそうです。これはかなりの難関ですから、もし取得できたらそれだけで飯が食えると思います。私にはとても無理です(^ ^ヾ

仕事 | 12:09:44 | Trackback(0) | Comments(0)
初めて洗車
私の社用車はホンダライフです。私は自分で車の掃除をするのが嫌いでたまにしかしませんでした。しかも貯めた雨水を使って洗っていたのですが、今回事情があって初めてセルフ洗車機なるものを使ってみました。
070613.jpg

シャンプー洗車で1000円・・・そんなものか、と思いつつスタート。
機械の動きが面白いのでずっと見てました。

さて、洗車終了後にボディーについた水を拭き取ろうと思い雑巾で拭くと、雑巾が真っ黒になり意外と落ちていないんだな、と言う事が解りました。やっぱり手作業がいいのかもしれません。

仕事 | 16:40:54 | Trackback(0) | Comments(2)
父兄参観日
先日の日曜日に父の日ということで、息子が通っている幼稚園の父兄参観日に行ってきました。(今は父兄参観日とか父親参観日とかいう言い方はしないのかな?よくわかりませんが)
070612.jpg

家庭の事情でお父さんが来られない方もいましたが、まぁ、大体のお父さん方は借りてきた猫のように静かにしている人が多かったですね。父親なんてのはそんなものです。

私は以前から心配していた事がありました。それは上の子はまだよしとしても下の子が幼稚園に行く時は運動会やら何やらで園に出向いた時に周りのお父さん達との年齢差が出るだろうなぁ、嫌だなぁ、なんて思っていたのです。下の子は私が37の時の子ですから。しかし周りのお父さんを見てもそれ程違和感がありませんでした。やはり世の中が晩婚化しているのかな。

社会 | 18:00:59 | Trackback(0) | Comments(2)
また献血ダメでした
先日市役所に書類を届けに行ったら献血会をやっていたので寄りました。今の献血手帳は紙では無くて個人情報保護のからみで暗証番号が必要なカードなんですね。
それで前回も渡英経験者は狂牛病の関係で断られたのですが、もう一度チャレンジしてみようと申し込んでみました。

日赤の人「あの~、1986年以前に英国へ行っていませんか?」

私   「いや~、時期を忘れちゃったんですよね、10年ぐらい前だったかと思うのですが」

日赤の人「10年前だと97年ですねぇ、微妙ですね。ではパスポートで確認したうえでもう一度来て   ください」

私   「そこをなんとか本日血を抜いていただけないでしょうか?」

日赤の人「申し訳無いのですが、データを確認したところお宅様は前回の申請も断られていますよ   ね?」

私   (ドキッ (゚д゚ ;)

日赤の人「まだ狂牛病に関しては指針が出てないんですよ、申し訳ありませんが・・・」

とやんわり断られました。( ̄▽ ̄|||

ということで善意は汲み取ってくれたらしく、私は要らないと断ったのですが、ジュースとボールペンを戴きました。血を抜いてないのに申し訳ない気持ちです。しかし、このまま行くと永久に献血は無理のようだ。私は長い間献血を定期的にしていたのだが、英国から帰って来た年だってやっていたぞ。その血はどこに行ったのだろう???

社会 | 14:19:55 | Trackback(0) | Comments(4)
天下りが悪いとは言わないが
公益法人、財団法人、独立行政法人・・・
いろいろな呼称がある機関への公務員による天下り。
私はこれらの特殊法人の必要性は認める。先端科学やエネルギー開発、宇宙開発などはその費用が掛かりすぎてとても民間などでは出来るものではないし、国家がおこなう事は極めて自然な事だと思っている。そして天下りそのものも決して悪い事ではないと思う。

しかし、だ。 給料・退職金取りすぎ!!
普通、年齢による再雇用などの場合は今までの6割程度の給料しか出ないだろう。非常勤でほとんど仕事らしい仕事をせずに、書類の何も置いてないきれいな机の上でお茶を飲みながら新聞を読むのが仕事、ぐらいのジイ様には時給800円で充分だ!
メディアはもっと論点をここに集中してもらいたい。

私は最近知ったのだが、官僚というのは同期入省者は能力に関係なく横並びで昇進し、トップの事務次官以外は省庁人事部局が天下り先とセットで早期退職させるのが常識なのだそうだ。最後まで働けよ、おい!!
私にもごく身近に官僚出身でいわゆる「渡り」をしている人がいるが、一体いくら貰っているのか聞きたいところだ。

天下りのひどい例をもうひとつ挙げよう。
スポーツライターの二宮清純氏がサッカーくじ(トト)についてこんな事を言っている。是非読んでもらいたい

(以下スポニチワールドサッカープラスから引用)
過ちを改めざる、これを過ちという――。toto(スポーツ振興くじ)の運営を見ていると「論語」の中に出てくる孔子のこの言葉を思い出す。日体協への07年度の助成金がゼロになることが明らかになった今、存在意義を見いだすのは困難だ。

 この2月には国会でこの問題が取り上げられ、答弁に立った伊吹文明文部科学大臣はこう答えた。「サッカーくじを野放図にしておいたら、最後は赤字を国民負担で償却しなければならない。(センターに)寄生虫のようにくっついて高い給料をもらっているのは批判からいっても許されない」

 totoの“胴元”である「スポーツ振興センター」の所轄大臣がここまで言うのだ。これ以上の存続は公的資金の注入を意味する。

 売り上げは見事なまでの“右肩下がり”だ。販売が始まった01年度が604億円、02年度が408億円、03年度が202億円、04年度が155億円、05年度が149億円。減少に歯止めはかからず06年度は132億円。一般企業であればとっくに倒産である。もちろんのこと役員クラスは給料をもらえる状況にはない。

 ところが同センターは霞が関の高級官僚の天下り先になっており理事長には1920万円、理事にも1500万円の年収が保証されていると言われている。これでは「スポーツ振興くじ」ならぬ「天下り振興くじ」だ。伊吹大臣も「寄生虫批判」をする前に人件費削減などのコスト対策を真剣に講じるべきだろう。
(引用終わり)

以前から私はこの「スポーツ振興センター」というのは怪しいと指摘していた。(過去ブログ)

これで判ったろう。トトを買うのは皆辞めようではないか。
当選金額6億! などと言われ頭に血が昇った我々国民は先日なだれを打つように我先にと買い求めた。しかし、そのほとんどがこいつら小役人の懐へ行くと思ったらバカバカしいではないか。

社会 | 09:41:26 | Trackback(0) | Comments(0)
李登輝さん来日
前台湾総統、李登輝さんが来日した。氏はかねてから切望していた「奥の細道」散策を楽しみたいということでいらっしゃったのだが、実際は警備の関係からなのかほとんど車で足早に過ぎていく散策だったようだ。そして昨日は氏のお兄さんが祀られている靖国神社へ参拝した。
お兄さんの遺骨も無い氏にとっては、戦後62年目にしてようやくお兄さんとお会いできたわけだ。

李氏は参拝後「62年ぶりに兄に会えて涙が出ます。温かい気持ちになりました」と語った。私も涙が出そうだった。靖国神社には大東亜戦争で亡くなった多くの台湾出身者が祀られている。台湾は当時日本だったのだ。

日本はこれまで中国に気を遣って、こどごとく氏の来日等を妨害してきた。そして昨日の塩崎官房長官の会見では、氏の参拝について
「個人の行動なので政府として特にコメントすることはない」と言った。民主党菅直人も似たようなコメントを出していた。

随分冷たい言い方だな。同じ日本人として台湾の人々に申し訳ない気持ちだ。日本の為に犠牲となって死んだお兄さんに心の中でお会いできた事に、どうして「お会いできて良かったですね」ぐらいの事が言えないのか?おまけに李氏はクリスチャンだぞ!

なんでそんなに中国におもねるのだ。
安倍政権でさえこれなのだから、もうあとは期待できないな。
(麻生太郎のほうがいいんじゃないか? 麻生氏の歴史観や発言はなかなか小気味がいい)
これだったら、まるっきり中国を無視して毎年参拝していた小泉さんのほうが良かった。最近思うのだが、だんだん日本人の国民性は中国人に似てきてないだろうか? 

社会 | 10:58:35 | Trackback(1) | Comments(8)
キリンカップに行ってきました
昨日、友人の居酒屋さんが・・・
「キリンからサッカーのチケットもらったんだけど行かない?」
と言われ、急遽埼玉スタジアムへキリンカップ、日本代表対コロンビア代表の試合を観てきました。代表の試合を生観戦するのは初めてです。
普段は浦和レッズの赤で埋まるスタンドも今日は青です。
でも何で日本代表のユニフォームって国旗の色の赤白じゃないんだろう??
0706054.jpg

国際試合ですから、試合前にはお互いの国の国歌斉唱です。焼きソバを食べていたお客さんもその時は中断してきちんと起立していました。いいですね。因みに君が代を歌っていたのはスペシャルゲスト大黒まき(漢字わからん)さんでした。
0706051.jpg

さすがにW杯常連国のコロンビアですから強いですね。日本代表は、前半はほとんどいいとこなしで向こうのペースでしたが、後半は惜しいシーンもありました。お互い狭いスペースでボールを回していて、見ごたえありました。それにしても向こうのラフプレーはちょっとひどかったな。日本がおとなし過ぎるのか? いやいや、フェアプレイ・プリーズだ!
0706055.jpg


ハーフタイムにはキリンガール(?)が製品宣伝です。足、細っ!
0706056.jpg


これは何だ?キリンのキャラクターらしい・・・
0706057.jpg


と言うわけで、試合結果は0対0の引き分け、強豪国にここまで出来れば合格点ですね。でも先日観に来たレッズ戦も0対0だったし、そろそろ得点シーンが見たいなぁ・・・。

それにしても後ろに座っていた人はプレー中、いちいち解説していてうるさかったな。そんなに文句があるならお前が出ればいいじゃん。
あと、敵に攻撃されている時に途中でボールを奪ってライン外に出したぐらいでいちいち皆で拍手するのもいかがなものか? 敵のスローインになってそんなに凄いプレーじゃ無いと思うんだけどなぁ。

スポーツ | 19:49:07 | Trackback(0) | Comments(8)
隣の市長選挙
隣の蕨市において昨日、市長及び市議会議員選挙がありました。
ニュースはこちらhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000088-mailo-l11

前市長が8期32年も務めたあとの市長選だった。前市長の後継者として保守系新人候補は38歳、私も知っている人だ。対する元共産党市議は今回が3度目の選挙だった。2人による一騎打ちとなったわけだが、まさか保守系候補が負けるとは思わなかった。投票率はほぼ60%。一体敗因は何だったのだろうか? ここのところの年金問題も影響しているのだろうか?

当選した頼高氏は・・・
「蕨市の改革を実現しようと考えて投票してくれた市民の勝利だ。蕨を変えようとする市民の思いが表れた結果。今回の選挙では二つの陣営に分かれていたが、市長としてすべての市民と力を合わせて、すばらしい蕨市づくりにまい進したい」

確かに蕨市はドラスティックに変わるだろう。共産党の首長というのは全国でも数えるほどだ。これで氏が公約していた「小中学生の医療費無料」は本当に始まるのだろうか。これは隣接するわが町川口にも少なからず影響するはずだし、合併もしばらくないと思う。

大変驚いた結果だ。しかし本当に現状を変えたいならば、一般市民にとっては「投票」という行動しか無いわけだから、後継者と呼ばれた候補を否定する=共産党へ投票、というのは選択肢の無い事実だろう。
今考えると、保守系新人候補は前市長の後継者とうたわないほうが良かったのかもしれない。いきさつを全く知らない私が言う資格は無いかもしれませんね、失礼しましたm(_ _)m

社会 | 18:36:24 | Trackback(0) | Comments(0)
祝! 100切り!
昨日はゴルフコンペでした。まだまだ子供の小さい私は、休みに毎回ゴルフに行くわけにも行かず、月一回のゴルフがとても楽しみです。
0706022.jpg

天気は快晴、ゴルフをするのには年間を通じて一番いい時期なのではないでしょうか。
そんな中、スコアは一緒に回ったメンバーにも恵まれ、前半46の後半50で合計96!! ゴルフを始めて苦節20年、生まれて初めて100を切りました。いや~、気持ちよかったなぁ。設営して頂いたSHさん、ありがとうございました。m(_ _)m
0706021-.jpg

コースはフェアウェーが広くフラットなので、そんなに難しいコースではないのでしょうが、一年前にここでやった時は120を叩いたので、やはり自身上達したのではないかと自負しています。
ありがとう! 桃里カントリークラブさん!(^ O ^)

ゴルフ | 10:54:21 | Trackback(0) | Comments(4)