FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スキーはつらいよ
先週末スキーに家族で車で行ってきました。

朝5時半に出る予定がもたもたしていて6時出発。
「天気は良いし、雪道は大丈夫だろう」 などと油断していたのもつかの間。
外環自動車道にに入るなり 「大泉から川越まで事故渋滞10km」 の表示が( ̄▽ ̄|||

「おいおい、いきなりかよ~」(´Д`;)

外環を乗ったのですが和光で降りて川越街道を北上。
所沢インターで関越に乗ったのですが、やはりまだ渋滞。
0802293.jpg


ノロノロ運転が続きます。眠くなってきたのでここで女房と運転交代。
渋滞は月夜野あたりまで続いたのですが、関越トンネルまで行っても雪は全く無く、ノーチェーンで湯沢ICまで行けました。
↓関越トンネルの中
0802292.jpg


結局川口から湯沢まで5時間半も掛りました
(だから車なんかやめようって言ったんだよ!!)( `ロ´) 

そんな気持ちはとても言葉に出して言えないので、明るい声で
「天気も良いし、雪も無いからこのままゲレンデへ行っちゃおう( ゚ ∀ ゚ )」
などと家族へ話し掛け、宿泊ホテルをスルーしてゲレンデ前の駐車場へ。

しかし、ここでレンタルスキーを借りられるまで1時間も待たされました。
店員さんが言うには

「お客さん、すみません。今、全て品物を貸し出して無いものですからしばらく待ってください」

そんなスキー場あるかよ!!

ようやく滑る事ができたのは昼の12時半。
家を出てから6時間半後でした。

しかも我々が滑り出した途端、猛吹雪に( ̄▽ ̄|||
ファミリーゲレンデを除いて全てのリフトは稼動中止になってしまいました。
もちろん、となりの「ガーラ湯沢」などは完全閉鎖です。

私 「もうやめようよ~、顔は寒くて痛いし、ゴーグルも無いから見えないよ~」(;´Д`)ノ

女房・子供 「イヤだ、イヤだ、もっとすべる~」(*´∀`)

5歳の息子は初めてのスキーのくせに難なくリフトにも乗ることが出来、そつなく滑り降りて来たのには驚きました。子供ってスゴイね。

「あ~あ、勘弁してくれよ~、風邪ひいちまうぞ」などと思っていたのですが、同時に気付いたのは駐車場に停めた車です。もしかして出られないんじゃないだろうな。
私の車はノーマルタイヤ。チェーンは前日に知り合いから借りたゴムチェーンのみ。しかも験し付けもしていません。

ようやく4時ごろにスキーは終了。
駐車場に行くと案の定、車は雪に埋もれていました( ̄Д ̄|||」
その時の様子はブロガーとしては写真を撮るべきだったのでしょうが、とてもそんな余裕はありません。
↓こんな感じです。
0802291.jpg



こんな中でとてもチェーンなどやりたくなかった私は、結局ホテルまで1kmの距離をノーマルタイヤで強行突破!! なんとか無事に到着したらホテルマンに

「よくノーマルタイヤでここまで来れましたね!」(゚д゚ ;)

「いや~、それほどでも」(*´∀`)  呆れられているんだよ!!

しかし、今夜はこのまま雪が降り続けるということなのでホテルの車寄せ(屋根の下)でチェーン取付開始。 これがまたなかなか取り付けられず1時間以上掛かり、ロビーでくつろいでいる他の客にはかわいそうな眼差しで見られるは、こっちは寒くて泣きたくなるわ、で散々な思いをしました。

クタクタになりながらホテルの部屋へ倒れこむように入り、その日は9時に寝てしまいました。

翌日も猛吹雪は変わらず、スキーはやらないで昼頃にホテルを出て帰路へ。

今度は吹雪で前が見えない中、関越を南下。もう前の車のテールライトだけが頼りで、
「頼むからオレを置いていかないで~」状態で、緊張のしっぱなしでハンドルを握り続けました。

そんな怖い思いをしている私とは裏腹に、子供は後ろでグースカ寝ているわ、女房は女房でのん気に
「何事も経験よ! もし東京でこんな雪が降った時のために生かせるわよ。前向きに考えましょうよ」
などと助手席で言う始末。 じゃぁ、テメェが運転しろ!っていうんだよ。( `ロ´) 東京でこんな雪が降るわけ無いだろ!

川口に夕方5時到着。結局、丸々2日掛けて実際に滑ったのはたったの3時間。
本当に疲れました(´Д`;)
おまけに翌々日には風邪っぽくなり、お腹は痛いし下痢はするし体調も悪くなりました。

あらためてスキーは電車に限る!、と強く思った週末でした。チャンチャン♪


スポンサーサイト



スポーツ | 16:41:26 | Trackback(0) | Comments(6)
スキー
正月も子供達をどこにも連れて行ってあげなかったので、明日から1泊でスキーに行ってきます。場所は湯沢高原。私は車の運転が嫌いなので電車を希望したのですが、女房がどうしても車にしてくれ、と言うのでまたまた負けました。

只単に子供に雪遊びをさせたいだけなのに・・・。チェーンするのも面倒だし、雪道なんか神経使って、事故の危険率は高いし、クタクタになって帰ってきてまた月曜から忙しいのに・・・。 
若い時はそんなこと何でもなかったんだけどね。ハァ~、ずっと運転してくれないかな(´Д`;)

家庭のこと | 19:20:15 | Trackback(0) | Comments(6)
駅前保育園
先週末、土日作業で駅前保育園の工事に行きました。
ここは文字通り駅前のビル内にあるのですが、いわゆる公設民営保育園です。
↓建具の工事中です。廊下も天井が高~い!
0802211.jpg


ここは最上階の8階にあります。現場下見の時は気が付かなかったのですが、まだ建てて1年しか経ってないこともありますが物凄い立派な保育所です。
↓屋内ホールもこんなに広い!
0802212.jpg


↓更に園庭は屋上(当たり前か)ですがデパートの屋上みたい。
0802213.jpg


室内からの眺望もよく、ビックリしました。
駅の真ん前だし、電車通勤で勤めるお母さんにとっては便利でしょうね。
市内の保育所はほとんど見てきた私ですがここより立派なところは無いでしょう。
入所するにも恐らく倍率の高い抽選なんだろうな。

仕事 | 12:19:13 | Trackback(0) | Comments(4)
今年初めてのゴルフ
先週日曜日、今年初めてのゴルフに行って来ました。
場所は茨城のやさと国際ゴルフクラブというところです。
天気は良かったもののまだまだ寒く、時々強風が吹き、スコアも散々でした(´Д`;)
しかしながら、気遣いしなくていい仲間とまわるゴルフは楽しいですね。
さぁ、いよいよ暖かくなってきました!
今年も月1ゴルファー、ガンバリマス!!
0802201.jpg

↑ここのホールのバンカーは今まで見たことないくらい大きかったです。
ひとつのバンカーでタテヨコ30m以上ありました。



ゴルフ | 12:14:49 | Trackback(0) | Comments(4)
宮本警部
先日、フジテレビで宮本警部の実録ドラマを観ました。昨年、東武東上線で踏み切り自殺をしようとした女性を救うため線路に飛び込み殉職されたおまわりさんのお話です。宮本警部は三宅裕司さんが演じていましたが、泣きながら観てしまいました。録画して置けばよかったです。
0802181.jpg


あまりにも感動してしまい翌日本屋に直行。このお話の絵本が刊行されたというので買いに行ったのですがどこも品切れ。仕方なくインターネットで買いました。子供と一緒に読もうと思います。
32013803.jpg


絵本にも書いてありましたが、ともすれば今の世の中、誠実だとか愚直なことがバカにされがちです。こういう人が称えられなければいけませんよね。

ところで、このドラマを観終わった後、女房と少し論争になってしまいました。

ドラマでも「命が大事、命が大事」と言っていましたが、
そこで私が「命が大事なんじゃなくて命の使い方が大事なんでしょ、ただ生きていれば良いってことじゃないでしょ!」 と女房に言うと、「そんな事いったって命が無きゃ出来ないでしょ! 命が大事なのよ!」
と言われ私の言わんとするところが全く理解されません( ̄▽ ̄|||
素直じゃねぇな、まったく。

これは、子供を生むことが出来る女性だからなのか、結局、論争は平行線でした。

しかし、このドラマでは他人のために命を捨てるという事に多くの人は感動していたのに、どうして国のためや家族のために戦い死んでいった先人達にはあまり興味を示さないのだろうか?不思議だ。

社会 | 18:29:20 | Trackback(0) | Comments(2)
告別式
昨夜、先日亡くなった友人の通夜に続き、今日は告別式に行って来ました。
昨日ほど多くの人は来なかったけど、それでもたくさんの人に見送られて式は終わりました。

最後に棺の中にお花を入れましたが、私もいろいろな思い出が頭をよぎりぐしゃぐしゃに泣いてしまった。それにしても親より先に死んでしまってはいけない。故人のお兄さん、お父さんお母さんの心痛はいかばかりかと・・・。

両日を通して本当に多くの方が弔問に来てくださいました。昨夜は夜の七時を過ぎても人が絶え間なくいらっしゃいました。故人のお人柄なのでしょう。

改めて思いました。人生の勝負は金や地位、名誉等では無く、棺桶に入った時だと。
その時どれだけの人が号泣してくれるか、ではないでしょうか。

未分類 | 17:15:34 | Trackback(0) | Comments(2)
お墓参り
先週仲間20人ほどで厄除けをしまして、そこでお坊さんからお話をいただきました。

「皆さんの命というのは、決して自分だけの物ではありません。1/3はご先祖様から、そして1/3は自分自身、そして残りの1/3は自分の子孫のものです。皆さん、普段ご先祖様のお墓参りをしていますか? お墓参りをするといい事があるのですよ。板金屋さんを見なさい、月に一度はお墓参りをしているからこんなに業績が伸びたでしょう?」

一同、妙に納得( ̄▽ ̄|||

というわけで、私も戦争で亡くなられた方のお墓参りはよくするものの、自分のおじいさん、おばあさんのお墓参りは1年以上していない事に気付き、早速週末に行って来ました。

父方のお墓は宮城県なのでとてもすぐにはいけないので、母方の祖父母が眠る新宿の某お寺さんに行って参りました。

0802131.jpg


このお寺は新宿西口甲州街道沿いの東京ガスの前にあります。目の前は首都高が走っていたりして、都会のど真ん中です。こんなに近いんだからもっとマメに行かないとダメだな、と思った一日でした。
0802132.jpg


※この後、護国寺にある女房のおじいさんのお墓参りも行って来ました。こっちはもっと近い。



家庭のこと | 16:57:57 | Trackback(0) | Comments(0)
無題
先週の土曜日に知人の奥様がお亡くなりになったので通夜にいったところ、そこで突然友人が心不全で亡くなったとの知らせを受けました。弔報を聞いたときは、しばらく声に詰まってしまいました。

彼は私と同い年で青年会議所で知り合い、仕事のやりとりもさせていただいておりました。
27歳頃からの付き合いでかれこれ15年になります。
以前から体調が優れず、療養中で会社にも時々しか顔を見られませんでしたが、それでも今年の1月下旬に会ったときはまぁまぁの顔色だったので、今年こそ同期会に参加してね、と声を掛けていたのです。

42歳、後厄になるわけです。
まったくもって早すぎる死。何と言っていいのか言葉がありません。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

未分類 | 11:44:45 | Trackback(0) | Comments(2)
遭難事故
広島で起きた遭難事故。無事に7人は救助されたそうですね。
10代や20代の若造ならともかく皆30過ぎで上は40歳もいたのに禁止区域を滑って遭難したというから自業自得なんじゃないかな。

ところで、だ。
いつもこの手の報道がされるたびに疑問に思うのだが、この捜索費用というのは本人達は負担しないのだろうか? それとも事前に保険にでも入っているのだろうか?

今回も捜索体制は、広島県警、地元消防団に加えて陸上自衛隊と島根県警が参加し、総勢約600人、ヘリコプター計5機が動いたそうだ。
1人工(こういう言い方で失礼) 15000円としても×600人で900万円。その他ヘリコプター5台動かせば燃料代も入れて1日いくらかな? 30万で足りるか? ×5台で150万。その他捜索本部設置費やらテントやら経費を150万ぐらいにしておくか。すると合計で1200万か。これでも安い見積もりだろう。これを7人で割ると一人171万。

200万足らずで自分の命が助かったんだからこれは個人負担にしたらどうだ?
それで初めて遭難者の一人のお父さんが言ったように 「(息子は)経験から学び考え今後につなげてほしい」って言えるんじゃないかな。

社会 | 17:03:18 | Trackback(0) | Comments(6)
結婚式
来週の日曜日に友人のY君の結婚式に出席してきます。場所は目黒雅叙園。
以前はここの庭園が素晴らしかった事で一度訪れたいと思っていたのですが、なんか無くなったそうじゃないですか・・・Orz

この年になるとお葬式の方が多くなってくるので、結婚式など4~5年ぶりじゃないかなぁ。
友人は私より学年が一つ上だから・・・43歳になるのか?
私だって33の時に結婚したので決して早いほうじゃないけど、更に10年後だからだいぶ遅くなってしまった。結婚そのものは別に年齢はいいんだけど子育てが疲れるだろうな。

仕事の都合で新婚旅行も行けないらしいけど、Y君結婚おめでとう!! 
結婚はお互いの「我慢」だぞ! 大変だけど楽しい事もあるからガンバレ~!



未分類 | 14:26:48 | Trackback(0) | Comments(8)