FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
本村さん
山口県母子殺害事件の死刑判決が出て、遺族の本村さんの会見を見ました。
何とも表現のしようがないくらい立派な会見だったと思います。

私には本村さん御自身の身になって考える事など到底おこがましくて出来ませんが、23歳で事件に巻き込まれ、その後の9年間の闘いは、なかなか真似できる事では無いと思います。そのどの時点においても姿勢がぶれず、どの発言においてもしっかりした内容で、この方は一介のサラリーマンだという事ですが、一体どういう方なのでしょうか。

今、日本で一番尊敬に値する方だと思います。
32歳ですか・・・私より10歳も年下だなんて自分が恥ずかしいです。
日本にもこんな立派な若い人がいるのですね。

亡くなられた奥様とお子さんのご冥福をお祈りすると同時に、本村さんのこれからが平穏で幸せな人生となります様心から願います。

スポンサーサイト



社会 | 16:44:52 | Trackback(0) | Comments(2)
明日は試験
いよいよ明日、予備自衛官補の受験に行ってきます。
場所は朝霞駐屯地。

試験項目は
・小論文
・個別面接
・適性検査
・身体検査

となってまして、朝8時半~5時までの一日がかりとなります。

さて、どんな内容でどういう結果になるか・・・不安と楽しみな気持ちが半々です。

社会 | 17:55:50 | Trackback(0) | Comments(0)
ニンジャアカサカ その2
さて、数多いメニューの中で「是非これは食べて」とジローさんに言われたのがこれ。
08041412.jpg

名前はなんてったっけ? 「タケノコと魚の七輪焼き」 ん? 違うな・・・
名前がまたいろいろ複雑なんですよ、ここは。

それで見ての通りタケノコが4切れほどしかなく、なんだこの少なさは? これで1000円位したかなぁ。
網の下に炭があるんだけど、実はこれ魚を焼いたものが入っているのでした。
08041411.jpg

大体この店の食事はこのように仕掛けやビックリするようなものばかり。

↓これ何だと思います?
0804149.jpg


実はこれ、枝に刺さっている手裏剣の形をしたものがクラッカーなんです。
枝は食べられません。クラッカーが10枚ぐらい付いてて800円。
このクラッカーを付属のフォアグラに付けて食べるのです。
08041410.jpg


まだまだこの他にも珍しい料理を食しましたが、最後に頼んだデザートは
「越後屋と悪代官」
08041415.jpg

怪しい包み箱から出てきたのはまるで小判のようです。
これはアイスをチョコレートで包んでその廻りを金箔のようなもので塗ったものでした。

それにしても、大人が楽しめるお店でした。

私が空いたお皿下げてください、と手渡すと 「かたじけない!」と言われるし、

「すみません、お会計お願いします」と言うと 「出陣でござるか?」と切り返して来ます。

お店の中は、目だけ出した忍者が刀を背負って食事をお客様に運んでいます。

ジローさん、面白いお店を紹介していただきありがとうございました。(^^)/~~~

飲食 | 19:53:53 | Trackback(0) | Comments(2)
NINJA AKASAKA
アカサカサカスを出て次に向かったのは、ブログ仲間のジローさんの日記でも紹介されていた「ニンジャ・アカサカ」に行ってきました。正しくは居酒屋風レストランなのですが、実際には食事をするというより、エンターテイメントを楽しむ所のようでした。

詳細なお店情報はこちらhttp://www.ninjaakasaka.com/

あの大きな赤坂見附の交差点に位置するこのお店。入口も目立たず、言われなければ通り過ぎてしまうような店構え、既に外観から「忍者屋敷」の様相を呈しています。

人が一人しか入れないような小さい玄関を入ると、女忍者くのいちが受付をしています。


私    「すみません2名なんですが・・・」

くのいち 「お待ちください、間も無く忍びの案内人が参ります」

すると・・・・真っ暗な天井から

「タァ~ッ!!」と、忍者が飛び降りてきて「こちらでござる! 」と案内されて店内へ

 ビックリしたぁ~ (゚д゚ ;)

実際にテーブルに付くまでにまるで、上がったり下がったり、とまるで迷路のような通路を歩いてようやくテーブル席へ。

店内は薄暗く、「ヒュ~ッ」という風が吹いている効果音が鳴り響き怪しい雰囲気。
席に着くと間も無くメニューが・・・

何と巻物じゃないですか~!!
08041413.jpg


~次回へ続く~

飲食 | 07:03:59 | Trackback(0) | Comments(2)
アカサカサカス?
ダイヤモンドムーンを出て次に向かったのは新しく出来たスポット「アカサカサカス」です。
誰がつけたのか知りませんが、なんだろこの名前??? 舌噛みそう。
行ってみて思い出しました。あー、TBSの前でずっと工事やっていたところか。
0804147.jpg


何があるのかと思っていたらなんてことはない、レストランとおしゃれなショップの複合施設でした。
ここで「トップスのカレー屋さん」で遅い昼食。

外に出ると、ちょうどマスターズが放映期間中だったので広場ではイベントをやっていました。
なんでも名物16番ホールを再現したステージで「パッティング」のゲームです。
こんなに下りの勾配があるのかと驚きつつも、折角なので挑戦!!
0804148.jpg


結果は・・・3球打って入らず、 ガクッOrz
参加記念品として万歩計をいただきました。 (カップインしても賞品は同じなんだけどね)

飲食 | 07:06:04 | Trackback(0) | Comments(2)
ダイヤモンドムーン
国立新美術館の次は・・・女房が行きたいというので全国唯一の永ちゃんショップ、赤坂にある「ダイヤモンドムーン」へ行ってきました。相変わらず静かな住宅街の中にひっそりとありますね。
↓店舗入口
0804145.jpg


前にも行ったことがあるのでさほど驚きはしませんでしたが、ファンでもない女房は「凄い、凄い」の連発。4月23日発売の昨年の武道館ライブが先行上映されていました。ブルーレイ買っちゃおうかな・・・でもテレビが古いから意味ないか(^^;
0804144.jpg

そうそう、やはり今月発売される腕時計も展示してありました。これはかっこいい!!
買っちゃお! でも限定200個だと抽選になるかもね。

店を出て歩いていたら、向こうから男の人が歩いてきました。頭はパンチで45度メガネにトロイらしき赤のVセーター、ズボンはノータックの黒でエナメルらしき靴。懐かしいと思いつつ、行き先を見ていると・・・・やっぱりお店に入っていきました。
怖そうでしたが、きっと情熱的でいい人なんだろうな(^ ^ヾ

家庭のこと | 07:43:38 | Trackback(0) | Comments(4)
モディリアーニ展
子供達を女房の実家へ預け、9年ぶりに女房とデートらしきものをしてきました。

というわけで、子供がいるとなかなか入れない場所に行こうか、ということになりまして、先日も記事にした六本木の国立新美術館へ「モディリアーニ展」を見てきました。
0804142.jpg

今までも彼の作品は見に行ったことは何回かありましたが、ここまで大きな展示会は初めてです。彼の生い立ちから美術経歴までことこまかに展示してあったので、何故あのような独特のタッチになったのかわかった気がしました。

絵も良かったのですが、黒川紀章氏設計のこの建物。外観デザインもさることながら、中を見てビックリしました。一体どのような構造になっているのか・・・久しぶりに強い印象を受ける建物を見た気がします。
0804141.jpg

0804143.jpg


家庭のこと | 12:23:11 | Trackback(0) | Comments(3)
歌う会
0804073.jpg

いつものように謎の呉服屋さんS氏と一緒に行ってきました。
「靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会」です。
何故かいつもこの日は晴天に恵まれます。これも御霊のおかげでしょう。

0804075.jpg

毎年大村益次郎銅像の下に集まり、酒樽を割ってお神酒を配り、まずは拝殿のほうへ向かい一同献杯いたします。ちなみに酒樽左に写っているのは「小野田寛郎」さんです。もう何歳になられるのでしょうか、80はとうに越えているにもかかわらず、きちっとスーツを着て、立っている時は背筋はビシッとしていて、すごいですね。

0804071.jpg

出だしの曲はなんだったか忘れてしまいましたが、若鷲の歌・愛国行進曲・加藤隼戦闘隊・昭和維新の歌・月月火水木金金・ラバウル小唄 ・空の神兵・敵は幾萬・戦友の遺骨を抱いて・広瀬中佐・麦と兵隊・・・etc。全部で20曲ぐらいでしたか。最後は「同期の桜」を歌い終了。

たったこれだけのことなんですが、会場には老若男女が数百人集まり大合唱。
いくつか知らない曲もありましたが、大体は歌えます。私の隣にはやはり70代から80歳ぐらいのご老人達が一時間立ちっ放しで歌っています。その顔はなんとも嬉しそうでした。

~同期の桜~ 最後の番の歌詞 (私はこれが一番好きです)

貴様と俺とは同期の桜
離れ離れに散ろうとも
花の都の靖国神社
春の梢(こずえ)に咲いて会おう

やはり私にはこれ以上に魂を揺さぶられるものはありません。
涙ぐみながら歌っていると、まるでタイムスリップしたような感もしてしまいます。自分の父親よりも上の方と気持ちが共有できる。こんな事ってなかなか無い事ではないでしょうか。

ここで同行した呉服屋さんS氏から情報入手。
この銅像下で歌っている「ハイカラさん」の格好をしたお嬢さん方は銀座の店の人達だそうで、その店は懐メロや唱歌、軍歌を中心に歌えるお店なんだそうです。

是非行ってみたい!!
まさか「座って5万」とかの料金は・・・しないだろうな。

歴史 | 20:20:49 | Trackback(0) | Comments(0)
勘違いしてましたぁぁぁぁ
地元ブロガーさん達とのお花見、今日かと思って定刻に公園に行ってみたら、
「明日」だという事が判明( ̄▽ ̄|||

徒歩で行った為、結局一時間のウォーキングになってしまいました。
運動になったので、まぁよし、としましょう(^^;
0804052.jpg



歩きながら桜を見ていると、桜の花びらも散り始めていて、緑の葉がところどころ出てきました。
なんとか明日まで待って欲しいところです。
0804051.jpg



未分類 | 12:24:13 | Trackback(0) | Comments(2)
映画「モンパルナスの灯」
080404.jpg

これもかなり昔に買ったやつでして、VHSで持っています。1958年のフランス映画(白黒)ですから私が生まれる前の作品です。

ストーリーは悲運の画家モディリアーニの伝記映画です。映画公開当時、美男子俳優として一世を風靡していた(らしい)ジェラール・フィリップが演じています。

舞台はフランスのモンパルナス、そこで売れない画家で結核を患い、酒や薬に溺れるモディリアーニは、ある日、美術学生のジャンヌと出会い恋に落ちる。一緒になっても彼の絵の才能は認められず、街中で人々のデッサンを描き小遣い程度の金で生活をすれど、つつましくも幸せな日々は長く続かず、やがて35歳という若さでモディリアーニは死んでしまう。しかし、この画家の才能を見抜いていた画商がいて、ずっと彼の後をつけまわしていた。そして、モディリアーニが生きている時には何も手を出さず、彼が死んだ瞬間に彼女(ジャンヌ)のところに行き、狂ったように絵を買い漁る。ジャンヌはやっと彼の才能が認められた事で嬉しく、タダ同然の値段で渡してしまう。映画はこのシーンで終わってしまうのですが、何とも痛ましく、悲しい気分なってしまいます。

私は美術の知識も無ければ、それほど美術館に足を運ぶわけではないのですが、この人だけは違います。映画をみたからでしょう、モディリアーニの余りにも不遇な人生を知り、彼がどんな気持ちでその絵を描いたのか、その作品の前でじっと見入ってしまうのです。

↓この特徴ある描写、見たことないですか?
0804042.jpg


実はこの日記を書いたのは、たまたま図書館で、「モディリアーニ展」の告知ポスターを見たからです。ちょうど今、六本木の新国立美術館でやっているのです。

先日、お得意先にこのビデオと美術館のチケットをセットで差し上げました。お得意さんは昔の映画や絵が好きで、よく美術館に行かれると聞いていたので・・・。モディリアーニ自体はご存知でしたが、映画のことは知らなかったようです。

「趣味の押し売りをしてしまった」 ちょっとまずかったかな、とも思いましたが、もし行かれたら感想を聞いてみたいところです。

映画 | 16:05:56 | Trackback(0) | Comments(0)
予備自衛官補へ申し込み
以前にも書いたのですが、予備自衛官補の受験申し込みをしました。
080402.jpg

昨日、わざわざ自衛隊埼玉地本の方が来社してくださいまして、申請書類を提出しました。
試験は今月の中旬です。
関東・甲信越で80名の募集ですが、果たして合格するかどうか・・・。

と言っても筆記試験があるわけでもない(小論文はある)ので試験勉強もやりようがなく、せいぜい対策としては当日までダイエットするぐらいか。
パンツ一丁になっての身体検査があるので、お腹が出ていると印象悪いだろうし(^ ^ヾ

友人にも一緒に受けよう、と声を掛けたのですが、指定された国家資格を保持していなく、残念ながら今回は私一人で受けてきます。

他にもこのブログを読んでくださっている方の中で指定された国家資格保持者の該当する人がいますが、いかがですか? 

思いつくなかで名前を出せば、板金屋さん(医師・歯科技工士)、ヨッシーさん(自動車整備士)でしょ、oku☆さま注maleさん(電気主任技術者) あたりかな・・・。

ところで、よくみる自衛官募集の広告写真って、みんなやや上を向いているのは何故なんだろう??

社会 | 12:10:43 | Trackback(0) | Comments(2)
理由を教えてください
080401.jpg

写真はイチゴを食べる状況なのですが、左に写っているのはミルクです。
以前から疑問に思っていたのですが、マヨネーズとかでもそうなのですが、新しく買ってきて使用しているにもかかわらず、ビニール包装を取らずに付けたまま使うのは何故なのでしょうか?
メリットは何なのでしょう? それともこんな事しているのはうちだけ??

なんか貧乏ったらしいというか、なんというか、やめて欲しいのです。
当然私の意見など通るわけがありません。

飲食 | 12:20:20 | Trackback(0) | Comments(8)