FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
予備自補訓練日記その7
この日は銃の分解をしました。その前に銃の持ち方も教えていただきました、結構難しいです。
0812201.jpg

当然弾は入っていないわけですが、やはり銃を持つという事は少なからず緊張します。
ナイフでも人を殺せますが、料理にも使えます。しかし銃の目的は人を殺傷する以外にありません。実際に握って構えたりしてみて、いろいろと考えてしまいました。
0812151.jpg

そりゃあね、軍備にはお金が掛りますよ、そしてその使用目的というのは「破壊」以外にありません。
実際に銃を持つと 「ああ、これで人を殺す事が出来るのか」と思いましたし、「何で人間というのはこんな非生産的な事をし続けるのか」とも思いました。

ジョンレノンじゃないけど、世界から争いがなくなったらどれ程素晴らしいか。
「臆面もなくよくそんな恥ずかしい事が言えるな」と言われそうですが、この時は本当にそう思ったんです。

ひょつとしたら、多くの自衛官や外国の軍隊の人たちというのは、私達が思っている以上に平和主義で、平和の大切さを痛感しているのではないでしょうか? それとも長い事やっていると感覚が鈍くなってくるのかな?

でもだからといって、現実に世界中で紛争があり、隣接する国は危なっかしい国ばかりなのだから、備えない訳にはいかない。

じゃあもし、来週あたり突然宣戦布告されて外国が攻めてきたらどうします?
逃げますか? 先ごろアンケートで同じ質問をしたら日本人は「逃げる」が最多でしたね。
中には、「何で国の為に死ななきゃいけないんだ?」と平気でテレビカメラの前で答えていた若者もいました。戦後教育極まれり。自分さえよければいい、というのが多すぎる。
0812152.jpg

そりゃ私だって正直嫌ですよ、怖いですよ。この前、自分が戦争で死ぬ夢を見て夜中に目が覚めましたけど、やはりその時になったら小便漏らすんじゃないの。
でも自分の女房子供を守る為なら仕方ないでしょ?
男は戦争で死んでもいいんだ、女が生きていれば子供を生んで遺伝子は残るんだから。

スポンサーサイト



社会 | 01:39:36 | Trackback(0) | Comments(14)