FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
誕生日
特に意味はないですが、本日私の誕生日です。と同時に今日はハロウィーン。

18歳でアメリカに居た時、「Oh! great birthday!」 なんて言われたのを覚えています。

しかしながらいつの間にかハロウィーンが日本の行事になっています。

何でもかんでも取り入れて、それを商売のネタにするのは日本人というのは得意というか節操がないというか・・・

ほとんど仮装大会のようになっていますが、これってクリスチャンに対して失礼ではないのかな?



スポンサーサイト



未分類 | 18:59:23 | Trackback(0) | Comments(6)
田母神さん来たる
観艦式レポート2を書こうとしたら、護衛艦くらまの事故が起きてしまい、そのことについて書こうとしたら昨夜、わが街川口に田母神俊雄さんが講演しにいらっしゃいました。
先にそちらを・・・

0910301.jpg

田母神さんの講演を聞くのは2回目となりますが、率直に申しあげて講師に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ひとつは会場がそれほど埋まっていないこと(7割ぐらいだったかな)
今回は対象が一般向けではなかったのですが、こんなことならもっと広報すれば良かったのに。

おまけに講演中にうろちょろする奴はいるし(講演中に人の前を堂々と歩くなバカ!)、 寝ている人、足&腕を組んで聞いている人、「田母神」という名前が読めない人。
あれほど日本中を騒がしたのに知らない人が居たのには驚きました、しかも主催者側。

それを悪いとは言いませんが、やはり興味がない人にとってはそんなものなのでしょう。
但し私は興味があるなしではなくて、こういう事はすべての人にとって大切な事だと思っているんですけどね。

救いは講演会前の冒頭の挨拶で我が市長さんが非常にバランスのとれたいい挨拶だったことぐらいでしょうか。この挨拶は舞台裏で田母神さんも聞いていたはずです。

というわけで講演終了後、私は自分自身と、会場に居た多くの人達との温度差に愕然として会場を後にした次第です。

因みに講演内容はとても良かったです。歴史に詳しかったり、氏の著作を読んでいる人なら大体知っている内容だとは思いますが、いつもながら、よくまぁ年号などあれだけの数字が頭に入っていて話が出来るものだと感服致します。

まるで歴史の授業を聞いている感じでした。
4スター(大将)はそれぐらいの能力がないとなれない、ということですね。

特に広島の話が良かったですね。8月6日の原爆慰霊祭に来ている人達はその多くが広島市民・県民ではなくて全国から来ている左翼の人達だという事。これは既に月刊「正論」に載っていたので私は知っていましたが、聴衆の多くは知らなかったようです。

0910302.jpg

そして、秋葉市長が氏に対して8月6日広島でやる講演会に圧力を掛けたこと。
また、この事がマスコミで一切報じられなかった事。空恐ろしい感じがしました。

最後に・・・
司会者、もう少し練習してこい! JCだろ!

私がかつて所属していた青年団体の後輩ですからあえてキツく言います。 <`ヘ´>

自衛隊 | 14:52:05 | Trackback(0) | Comments(4)
観艦式レポートその1
海上自衛隊最大のイベント、3年に一度の観艦式へ行って参りました!
一緒に行ったのは、靖国神社へいくつも軍艦模型を奉納されていて、私のブログにしよっちゅう出てくる毎度お馴染み、呉服屋の若旦那です。

車で出航場所の木更津港へ向かうと既にその巨大な勇姿が現れました。

すげ~! でけぇ~! カメラに収まらん!\(◎o◎)/!
PA250234.jpg

という訳で先頭からパチリ・・・カッコいい~!! \(^o^)/
09102529.jpg
実に美しいですね~、船の事を Sheというのは ここからきているのでしょうか???

この日、我々が乗艦したのは試験艦「あすか」という船でした。試験艦というのは何かと申しますと、いろいろな兵器や機器を使えるかどうかテストするために使用する艦船とのことです。

興奮しながら乗艦へ・・・まさに「くろがねの城」ですね
0910251.jpg

お見送りの海自自衛官の方々・・・海自の制服は黒なんですね、我々陸自の緑と違い汚れが目立って大変そうだな。
09102525.jpg

今日はここまで。次回へ続く。

海上自衛隊HPより、観艦式のCM



自衛隊 | 18:22:51 | Trackback(0) | Comments(6)
緊急速報!!
たった今、平成21年度観艦式のチケットをゲットしました~!!

3年に1度の観艦式、念願がかなって初めて行って参ります!

来週の日曜日、木更津から出航します!

報告は後ほど!
0910177.jpg

チケットの右上にはこんな文字が・・・

祝 天皇陛下御在位20年

いいね、いいね!
昔はみんな艦船の先頭には菊の御紋がありすべて天皇陛下の船だったんだから。
0910178.jpg

しかしながら御承知の通り政権が代わりまして、最高指揮官として乗ってくるのは鳩山総理 (ToT)/~~~

「来なくていいよ」 と思っているのは私だけじゃあるまい。<`ヘ´>

社会 | 19:50:20 | Trackback(0) | Comments(4)
宮ヶ瀬湖
少し前になりますが、家族で神奈川県の宮ヶ瀬湖というところへ遊びに行ってきました。
0910171.jpg

宮ヶ瀬ダムというのがありまして、ここは平成11年に出来たそうです。まだ最近ですね。
それにしても大きいダムです。
黒部の太陽とか見たことありますが、このダムの工事を想像すると、歴史的建造物と言っても過言ではありません。プロジェクトXです。
0910176.jpg

手摺から覗くと・・・ヒェ~ッ、吸い込まれるような高さです!
高いところが苦手な自分は、見るだけでも10秒間が限界です。
0910175.jpg

遊覧船に乗りました。
0910172.jpg

その後資料館を見学。ダムの計画から完成までをビデオや年表で展示してありました。
この湖の底にふるさとが眠っている村人たちのインタビュー等を見ていると、いろんな人たちの想いがここにはあるのだなぁと思いまして、今話題の八ッ場ダムの事も考えさせられます。
0910174.jpg

家庭のこと | 19:20:47 | Trackback(0) | Comments(0)
一級建築士製図試験
091014.jpg
毎度おなじみ、先日の日曜日は一級建築士の2次試験である「設計製図試験」の試験監理員をしてきました。今年度の課題は「オフィスビル」でした。 

今年から試験内容が変わり、試験時間は従来の5時間半からなんと・・・

6時間半ですよ!! 6時間半!!

昼の11時から始めまして夕方5時半まで。試験終了時は外はもう真っ暗でしたよ。

一応試験中は自由に食事や喫煙に出てもいい事になっていますが、そんな人はいません。
トイレ以外はひたすら書きまくります。

厳しいですねぇ・・・私が受験した頃よりも難しくなっていると思いますし、机上の試験でこんなに長時間やる試験は他に無いのではないでしょうか?

まして私の頃はまだまだ手書きの時代でしたが、今鉛筆持って書いている人なんて滅多にいませんよ。それでもこの試験だけは手書きだもの。CADじゃ技術の判定しにくいのはわかるんですけどね。

また、苦労して取得する割にはそれほど報われない国家資格としてもトップクラスでしょう。
それでも取らないとならない多くの業界の方達、特に若い人。

毎年喜んでいるのは○○学院と○○資格学院だけと思うのは私だけでしょうか?

とにもかくにも本年度は終了です。あとは結果待ち。
受験生の皆さん、大変お疲れ様でした。m(_ _)m

仕事 | 20:44:40 | Trackback(0) | Comments(2)
鳩山談話か!?
091009.jpg
産経新聞10月8日 朝刊1面

前にも書きましたが、いよいよ岡田外務大臣による日本人自虐史観の再構築が始まりました。
今度は「鳩山談話」とか出てくるのでしょうか?

歴史認識に関して岡田大臣は、
「日本・中国・韓国で共通の歴史教科書を作り学校で配布するのが目標」だそうです。
開いた口が塞がりません。あんた、日本国を消滅させる気か!

何やってんだ自民党は! 保守を自認するのならこういう所を徹底的に追及すべきだろう。
ダメだなぁ、もう!!
自民党再生のカギは一つだけ!
立党精神に立ち戻り、憲法改正と自衛隊を正規の軍へ変えることを打ち出す。この2つは結党時の綱領にも書いてあるんだから。あと、靖国神社国家護持と自民党総裁は8月15日に参拝すると明言すること。これをやればかなりの保守支持層が戻ってくると思います。もちろん選挙目当てのお題目だけではなくて、心底そのように変化しないといけないのは言うまでもありません。

まぁ今の執行部では皆さんリベラルな品の良い方達ばかりで無理だと思いますが・・・
民主党とどこが違うの? って感じだもん。
「みんなでやろうぜ!」って野球をやるんじゃないんだから。 頼むよ本当に。
中川さんを失ったことは本当に痛い。ご冥福を祈ります。

あと、1か月ほど前に見た各大臣の就任会見、あの夜中にやっていたやつですが、私テレビでずっと見てました。前原大臣とあと一人だけ以外は、演壇の乗降壇に国旗に誰も一礼しないんですよ!
ひどいじゃないですか! 国旗に礼も出来ない人は大臣どころか国会議員の資格無し!


今月10月29日に私の会社のすぐ近くに田母神さんが講演に来ます。

「村山談話なんか踏襲したら自衛隊は解散ですよ」

以前講演会で田母神さんがおっしゃっていた言葉です。

社会 | 15:47:55 | Trackback(0) | Comments(4)
いただきましたぁぁぁ
0910082.jpg

一昨日、平成21年度川口市優秀建設工事に選ばれ表彰されました。
この表彰制度は昭和44年から行われておりまして、弊社も過去に何度か頂いたことがあります。
これは昨年度(平成20年度)のすべての公共工事496件を対象にしまして、そのうち選ばれたのが48件、ダブりもあるので42社が表彰されました。

特に今回の対象工事は昨年かなり苦労した工事で、おまけに大赤字 (ToT)/~~~ 
あまり思い出したくない工事でしたので、尚更報われた感が強くあります。

表彰を受けたからといって賞状以外に特別に何があるわけではありませんが、やはり評価されたというのは嬉しいものでして、張り合いも出ますし、今回は社員に少しですが御祝儀も出しました(^^ゞ

0910081.jpg

再びこのような賞を頂けるように、日々技術の向上を目指して切磋琢磨していきたいと思うのですが、
その前に公共工事の受注そのものが少なくてスタートラインに立てないのがネックです(;一_一)

仕事 | 21:59:00 | Trackback(0) | Comments(4)
予備自補日記その1
寝泊まりした隊舎の部屋から
0910051.jpg

本来ならば予備自補日記としていろいろと書きたいところなのですが、秘密保持のため、なかなか詳しく書けません。(この予備自衛官制度についてもたくさん言いたいことがたくさんるのですが・・)
しかし、今回一緒になった仲間達の中には早速来月から予備自衛官として訓練に参加される方もおりまして、遅れをとった自分が既に修了した訓練課程の日記を書くのも少々恥ずかしく思う所もあります。

しかし同時に、このブログが予備自衛官になろうとしている誰かの目にとまり、少しでも参考になれば、それはそれで自衛隊の役に立つのかな? という気もいたします。

------------------------------------------------------------
では少しだけ・・・

生活スタイルは前回同様規則正しいもので、ほとんど自由時間はありません。普段だらけた生活の自分には年に一回ぐらい修行僧のような生活もいいのかな? という気もします。
そうすると、普段の生活が実に恵まれたものだと実感できるからです。
「自由」というのはなんてありがたい物なのかと・・・。

今回から迷彩服が貸与されました。
0910053.jpg

で、今回の訓練は大きく分けて射撃訓練と職務訓練、あとは最後の学科修了試験でした。
海外旅行で実弾を撃ったことは1度や2度ありますが、今回のように本格的に数十発も撃ったことなどありません。初め、その音を聞いた時はその衝撃(音圧)にかなりビビりました。
「こんなものを本当に俺に打てるのだろうか? まして、的を狙うなんて」と思っていましたが、教官のご指導のもと何とか撃つことができました。
始まったらもう無我夢中で・・・汗ダラダラかいてホント苦しかったなぁ。

もっと詳しく書きたいけどこのへんにしておきます。m(_ _)m

離隊してからの帰り道は前回同様、湘南新宿ラインです。同部屋のダニエルさんと一緒に帰ったのですが、やはり前回同様、電車に乗る前にお酒を買い込みました。(^_^;)

「カンパーイ!!」

この帰りの電車で飲む酒が美味いのなんのって!!

電車内では最後にちょっとした出会いがありました。
二人で車内で訓練のこと話していたら、隣の席に座っていた50歳ぐらいのおじさんが突然話しかけてきまして、その方は元第1空挺団で今は皇宮警察に勤めているというじゃありませんか。我々が自衛隊の事を話していたので、ということでした。いや~、習志野第1空挺団と言ったらエリートじゃないですか。
「自衛隊」というだけで妙な連帯意識が働き、こういう小さな出会いもあるのですね。

-----------------------------------------------------------------------

最後に・・・

ひとりでも多くの方が、任務遂行の為に日夜訓練に励んでいる自衛隊の事を知ってもらいたいと思います。「それが自衛官の仕事だろ」と言われたら身も蓋もありませんが、「じゃあ、お金あげるからあなたやってみなさいよ」と言われたらどうしますか?

欧米先進国では普通に軍人が制服を着て街を歩き、また尊敬の対象です。
日本では制服で出歩くことはおろか、その存在意義もはっきりせず、多くの自衛官は憲法の矛盾と葛藤しています(と思います) 何せ、憲法では軍隊は居ないことになっているのですから。

今回の訓練でお世話になった教官の中の一人に28歳の幹部自衛官がいらっしゃいました。
その方は福岡の出身で、中学を卒業して15歳ですぐに少年工科学校、つまり自衛隊にはいったそうです。そして幹部候補学校を出たのですから体力も頭も指導力も優れているわけですね。
おまけにかなりの男前です。男の私でも惚れてしまうような凛々しい顔立ちをしていました。例えて言えば昔の特攻隊員の方のような凛々しさです。

ある日、私は休憩時間にその方に聞きました。
「教官はどうして中学を卒業してすぐに自衛隊に入ったのですか? ほかにも進路はあったでしょうし、それほど小さい頃から国防や愛国心に燃えていたのですか?」と

するとその教官は
「うちは片親で母ひとりなんです。あと自分の下に妹や弟がいるので、少しでも家庭の負担を減ら為に自衛官の道を選びました」と。

15歳といったら遊びたい盛りだろうに、片親でぐれてしまう子供だってたくさんいるだろうに。
日本にこんな人が今でもいるのかと私は感動しました。

もう10年以上帰省してないとおっしゃってました。28歳ということなので、そろそろ所帯をもってもおかしくありません。あの教官には是非幸せになってもらいたいと願うばかりです。

社会 | 19:45:13 | Trackback(1) | Comments(9)