FC2ブログ
 
■プロフィール

ドカター

Author:ドカター
建設業をしている社長の日記です。 あまり仕事とは関係ない話題を中心に日々の思うところをつづっていきます。

■最近の記事
■今日のお言葉

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
永遠のゼロ 百田尚樹 
100712_.jpg


~紹介文~
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。
そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。
終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。
天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。
記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

友人から「ドカターさんならあっという間に読み終わるよ」と言われたものの、比較的分厚い文庫に
戸惑っていましたが、言われた通りあっという間でした。

この小説はフィクションですが史実には忠実で、特に航空機については私のようなマニアでなくても理解できるくらい、丁寧に判り易く書かれております。著者は放送作家だそうですが、これはとても難しい事だと思います。

ネットのレビューなどを見ていると「泣けた、感動した」というのが多かったですね。
心温まるいい話だなぁ、とは思いましたがさすがに泣けはしませんでした。
でも感動的なストーリーです、戦争を知らない若い世代に読んでもらいたいですね(お前もそうだろ!)

強いて難癖を付けるとすれば、(ネタばれしますが)最後まで宮部が特攻に志願した明確な理由が明かされず憶測で書かれていたことです。ちょっと残念。

これはフィクションです。だから泣けなかったのかもしれません。
私が特攻の本を泣きながら読んだのは後にも先にもこれしかありません。

これ以上に自分の魂を揺さぶるものはありません。

~ホタル帰る~ 
hoka77.jpg



スポンサーサイト



社会 | 19:06:50 | Trackback(0) | Comments(0)